アイフルATM以外は返済に手数料がかかる方法が多い

2016年11月6日

返済方法は充実しているもののアイフルは返済に手数料がかかることが多くなります。
アイフル有人店舗、アイフルATM、そして口座振替は手数料がかかりません。
しかしアイフルの店舗やATMを利用するのであれば友人知人にその姿を見られるという可能性がありますので実際には活用している人は多くはないかもしれません。
アイフル専用を利用することはアイフルでのキャッシングを意味しています。
口座振替であればどうでしょうか。
毎月決められた日に自動的に引き落としになりますので忘れることはありませんし手数料もかかりません。
しかし、最少返済額だけの引き落としになりますので返済は長期化することが考えられます。

コンビニの端末機からの返済、提携ATMからの返済の場合には手数料がかかります。
時間外手数料はかかりませんが、1万円以上の取り扱いで210円、1万円未満の取り扱いでは105円です。
これは借り入れをするときでも返済をするときでも同じようにかかる手数料になります。

銀行振り込みでの返済もできますが、これは自分が所有している銀行口座からの振り込み手数料がかかります。
他行間での振込みは手数料が高くなることもあり時間外ともなればさらに高くなることはあります。
高ければ840円の振込手数料がかかることもありますね。

返済方法は充実している一方、その返済に関わる手数料がかかることが多くなっていますので返済方法としてどんなものを選ぶのかは重要になってくるでしょう。